リモートワークの弊害

仕事

 ども!絶賛お家引きこもり中のロカクです(‘ω’)ノ
 前回投稿から1ヶ月強経ってしまいました。何してたんだ!ってね、この記事を見ていただければわかるかと思います。
 さて、わたくし社会人二年目、主にパソコンを使うような仕事をしているんですけれども、みなさんご存じコロナちゃんによって外出自粛、私の勤務先もクローズで自宅勤務となっています。
 当初は家で働けるなんてサイコーじゃん!と思っていましたが現実問題疲弊しています。出勤していた時より疲弊しています。ということで今回は自宅勤務のメリット、デメリットを書いてみようと思います。

こんなに設備整ってませんw

第一章 出社しなくていいなんて!

 4月中旬、緊急事態宣言が発令されて体制が整うまで一週間ほど経ってようやくリモートワークが始まりました。朝は出社していた頃より一時間遅く起きることができ、何ならもう30分長く寝ても間に合います。おまけに服装に気を使う必要がなく、ジャージでOKです。人にも会う必要がありませんし、トイレも自分用なのでいつでも使えます。という感じで至れり尽くせりだと思っていました。この時までは……

第二章 GWの悲劇

 リモートワーク開始から一週間経ち家で働くことに慣れてきた頃、もうその異変は起こっていました。その異変とは……

なんか勤務時間長くないっすか?

 出社していた時は普通に定時で終われていたはず。なのに定時になっても終わる雰囲気がないぞ!?
 そう、常に働けるのをいいことに時間を延ばされていた……というのも少なからずあると思いますが、こんな状態の中忙しくなってきていたのです。交通機関も止まっているのでどこかに行くこともできないのですが、働く必要もないんですよ。家で休めばいいわけですから。
 そんな願いも空しく、社会人になって初リモートワークで休日出勤を体験しました。おかげで一週間分ほどの代休があります。近々休めるといいですなぁ( ´^ω^)

第三章 疲弊する心

 勤務時間は長いし人にも会わない、おまけに外に出るのが億劫で日の光が足りない。コロナ自体にはかかっていないので身体は元気とはいえ、心は疲弊していっています。
 緊急事態宣言がどうなるのか。来たる5月14日何かしらの動きがあるかと思われますが、果たして緩和されて再び出社することになるのか。いや、今月は在宅勤務を覚悟しないといけないでしょうし、なんなら出社したくない。よもや働きたくない。

 最後にこんな言葉をお送りしましょう

働くも地獄働かぬも地獄

 こんなご時世で働けない人も可哀そうですけど、働けてしまう人もまた可哀そうなんですよ。医療従事者の方や宅配業の人など働かなくてはいけない人はさらに悲しい状況かと思いますので、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。

 次回、もう一回仕事の話をします。それではまた(=゚ω゚)ノ